顔

エラ削りとボトックス注射の違いとは?美容整形の徹底比較

エラ削りは効果が半永久的


ボトックス注射で顔のラインを整える場合、その効果は永続的なものではありません。注入された薬液は患部に留まりますが、時間とともに吸収されて、効果が薄れていくのです。もしずっと顔のエラがない状態を保ちたいのであれば、半年から数年ごとに、再施術が必要となります。これはデメリットともいえますが、見方を変えればメリットでもあります。もし、仕上がりが期待と異なっていたとしても、時間が経過することで、元の輪郭に戻れるということでもあるのです。外科手術によるエラ削りの場合、その最も大きなメリットは、効果が半永久的なところでしょう。エラの原因となっている骨の張り出しを削りますから、時間が経過しても、輪郭がもどることはありません。何度も施術を受ける必要がありませんから、長い目で見れば経済的となる場合もあります。ボトックス注射と比較して、エラ削りは高い効果が期待できますが、施術にはメスが必要となり、ごく短い範囲ですが、肌の切開を行います。通常、見えにくい部分からメスを入れますから、傷跡などが目立つことはありませんが、一部とはいえ手術になりますから、数日間の入院が必要となります。簡単な施術ではない分、高い効果が望めるのです。